委託による業務形態の可能性について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数214
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近年、注目され始めた言葉としてアウトソーシング、という言葉があります。このアウトソーシングは、外部資源の活用といった意味合いで用いられることが多くなっています。アウトソーシングは、1980年代のアメリカにおいて採用されるようになった経営手法であり、90年代に入って日本においてでも活用されるようになりました。

     アウトソーシングの目的は、外部の専門企業を活用することによって、自社の設備投資負担の軽減を図ることや、自社の資産や人員の圧縮を狙う姿勢が存在しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    委託による業務形態の可能性について
     近年、注目され始めた言葉としてアウトソーシング、という言葉があります。このアウトソーシングは、外部資源の活用といった意味合いで用いられることが多くなっています。アウトソーシングは、1980年代のアメリカにおいて採用されるようになった経営手法であり、90年代に入って日本においてでも活用されるようになりました。
     アウトソーシングの目的は、外部の専門企業を活用することによって、自社の設備投資負担の軽減を図ることや、自社の資産や人員の圧縮を狙う姿勢が存在しています。また、業務の迅速化を図ることも可能となり、固定費の変動費化による需要変動にも柔軟に対応できることに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。