コスト低減がされることによる利潤について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数349
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現状のような価格競争では、低コストによる経営が実現すると、他社よりも商品やサービスを低価格で提供できることが出来、より大きなシェアを獲得することが可能になり得ます。また、同一価格で同じ製品などを提供するならば、より大きな利益を得ることができます。このように、コストを下げる手段として挙げられるのが、規模の経済の追求と経験曲線の理論がなされています。メーカーの例を挙げると、大量生産によって設備投資の固定費が低減を可能とし、そういった経験効果によって労働力や工程の効率が上がることに繋がるのです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    コスト低減がされることによる利潤について
    現状のような価格競争では、低コストによる経営が実現すると、他社よりも商品やサービスを低価格で提供できることが出来、より大きなシェアを獲得することが可能になり得ます。また、同一価格で同じ製品などを提供するならば、より大きな利益を得ることができます。このように、コストを下げる手段として挙げられるのが、規模の経済の追求と経験曲線の理論がなされています。メーカーの例を挙げると、大量生産によって設備投資の固定費が低減を可能とし、そういった経験効果によって労働力や工程の効率が上がることに繋がるのです。こうして単位あたりのコスト削減が実現できます。他社との競争よりも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。