組織再編による活性化について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数234
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本の企業は今、グローバルな競争にさらされており、生き残りをかけての経営戦略が問われ、その資源の有効活用を模索している段階にあります。その一例には、持株会社制度や会社分割制度などが挙げられ、今まで以上に機動的に事業再編を行える環境が整ってきたことで、大企業同士の合併や経営統合が急速に増えてきつつあります。
    従来の商法の規定においては、合併を行う事や、あるいは新会社を設立して営業譲渡をするなど、こういった方法以外には、効率的に組織再編を行う方法は規定されてはいませんでした。今までの法制でも現物出資や営業譲渡などで会社分割は可能でしたが、大きなデメリットが存在していました。それは、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    組織再編による活性化について
    日本の企業は今、グローバルな競争にさらされており、生き残りをかけての経営戦略が問われ、その資源の有効活用を模索している段階にあります。その一例には、持株会社制度や会社分割制度などが挙げられ、今まで以上に機動的に事業再編を行える環境が整ってきたことで、大企業同士の合併や経営統合が急速に増えてきつつあります。
    従来の商法の規定においては、合併を行う事や、あるいは新会社を設立して営業譲渡をするなど、こういった方法以外には、効率的に組織再編を行う方法は規定されてはいませんでした。今までの法制でも現物出資や営業譲渡などで会社分割は可能でしたが、大きなデメリットが存在していま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。