商品の有効的な部分分け方法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数203
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    消費者への価値を最大化させる事を目的に、商品の区分分けを戦略的に行い、収益の管理単位として商品を考え、小売業とメーカーが共同で行う手法が存在しています。これは、戦略立案から、具体的な戦術まで考案し、それを実施し、検証し修正する活動を根底としており、こういった一連のカテゴリー分け作業による方法を、カテゴリーマネジメントと称して呼んでいます。
    カテゴリーマネジメントには、小売業とメーカーが商品分析の手順を共同で考察していき、互いにデータを持ち寄ることで、分析を協力し合いながら行っていく手法です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    商品の有効的な部分分け方法について
    消費者への価値を最大化させる事を目的に、商品の区分分けを戦略的に行い、収益の管理単位として商品を考え、小売業とメーカーが共同で行う手法が存在しています。これは、戦略立案から、具体的な戦術まで考案し、それを実施し、検証し修正する活動を根底としており、こういった一連のカテゴリー分け作業による方法を、カテゴリーマネジメントと称して呼んでいます。
    カテゴリーマネジメントには、小売業とメーカーが商品分析の手順を共同で考察していき、互いにデータを持ち寄ることで、分析を協力し合いながら行っていく手法です。これは、単なる精神論だけの場合を言っているのではなく、論理的に必然性..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。