市場の有益な活用方法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数240
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    市場をいかに自分にとって有益に活用するか、その方法が常に注目されています。中でも裁定というものに注目が寄せられています。裁定の言葉の持つ意味には、事柄の善し悪しを調べ、決定すること、と書かれていますが、株価指数先物取引においては、この裁定は有利な時点での売買で利益をあげること、という事を意味しています。
    ここでの有利な時点という意味は、割安なものがある時を指しています。この割安、また割高というものは、現物価格と先物価格の価格差において現われます。当然、安いほうを買い、高いほうを売ることにより、この差益を得る事が可能になってきます。このように二つの異なる市場の価格差を利用することによって、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    市場の有益な活用方法について
    市場をいかに自分にとって有益に活用するか、その方法が常に注目されています。中でも裁定というものに注目が寄せられています。裁定の言葉の持つ意味には、事柄の善し悪しを調べ、決定すること、と書かれていますが、株価指数先物取引においては、この裁定は有利な時点での売買で利益をあげること、という事を意味しています。
    ここでの有利な時点という意味は、割安なものがある時を指しています。この割安、また割高というものは、現物価格と先物価格の価格差において現われます。当然、安いほうを買い、高いほうを売ることにより、この差益を得る事が可能になってきます。このように二つの異なる市場の価格差..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。