財務面の主体とした経営実態の調査内容について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数225
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    企業の経営実態を見極めるには、調査を行う必要が生じます。ここで取り上げる、デューディリジェンスというものは、企業または投資家がM&Aを行うに際して、最終的な判断をする前に、企業の内容が本当に提示された情報どおりであるかを確認し、またその買収先や投資先の経営実体を正確に把握することを前提とし、問題点の有無を確かめる調査のことを指し示しています。
    デューディリジェンスは、海外では以前から通常的なものとして実施されてきました。しかしながら、日本においては、最近になって一般化されました。具体的な内容は、適正評価手続きを行うことにあります。投資家が投資を行う際に、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    財務面の主体とした経営実態の調査内容について
    企業の経営実態を見極めるには、調査を行う必要が生じます。ここで取り上げる、デューディリジェンスというものは、企業または投資家がM&Aを行うに際して、最終的な判断をする前に、企業の内容が本当に提示された情報どおりであるかを確認し、またその買収先や投資先の経営実体を正確に把握することを前提とし、問題点の有無を確かめる調査のことを指し示しています。
    デューディリジェンスは、海外では以前から通常的なものとして実施されてきました。しかしながら、日本においては、最近になって一般化されました。具体的な内容は、適正評価手続きを行うことにあります。投資家が投資を行う..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。