地域福祉論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数245
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉人権経済情報社会医療健康地域自立

    代表キーワード

    地域福祉論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     わが国においては、経済状況が悪化し不況等による背景から、平成14年には史上最高の失業率を記録し、自殺率については平成12年調査結果において、24.1(10万人当たり)と世界第10位となった。特に45~64歳の中高年男子の自殺率が急上昇しつづける現在、雇用の創出とセーフティーネットの整備が切実な課題となっている。
    そうした中、ホームレスに対する支援が国の政策課題としてとり上げられ、平成14年8月に「ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法」が成立したものである。ホームレスについての現状と問題点において、その背景を知ることがより良い支援の方法を見出すものと考えられ、ホームレスに至ってしまうその要因を探り、国の支援をまとめ、その施策についての意見を以下に述べる。
    1,ホームレスの現状
     平成15年の全国調査を基にホームレスの生活状況を見てみると、生活の場所が定まっている者が84.1%であり、このうち生活場所としては、公園が48.9%、河川敷が17.5%となっている。こういった生活場所が定まっている者は、64.7%が仕事を行い、平均的月収は1万円以上3万円未満が35.2%と最も多い状況であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。