社会福祉援助技術論 ⑧-1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数841
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     一般的に信頼の言葉の意味について概観してみると、そこでは人が信頼と言う言葉を二つの異なる意味で使用していることに注目できる。つまり、相手の行動や態度について頼りにするという意味での信頼と、相手の善意を頼りにするという意味での信頼である。信頼とは、信じて頼りにすること(広辞苑)、信じて頼りにすること、信用してまかせること(旺文社国語辞典)とある。一般的な人間関係における意味と、社会福祉援助の場面においての意味自体が変わるといったことは無いであろう。しかし、信頼関係(ラポール)という意味を考えた時、一般的な人間関係(家族・友人)と、社会福祉援助場面における信頼関係は、一線を引いて考えなければならないものである。家族や友人との間における信頼関係は、過ごした時間などによって既に構築されたものであるのに対し、社会福祉援助の場面においてはその一からの構築から始まる。また、人間関係に基づくパートナーであるのものに対し、援助者は契約に基づくパートナーとなる。この違いは似て非なるものではなく、比較した際の明らかなる違いなのである。
     では、社会福祉援助技術における信頼関係とはいかなる状況を言うものであ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。