有効な地域環境の利用法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数266
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現存する日本の河川というものは、国土が狭まっているため、また山地が非常に多いために、流域の面積が狭く急流が多く存在しています。この事の影響を受けて、洪水のピークにおける水流の量が大きなものとなってしまっています。水流の量が多くなることで、流出土砂の発生の危険性がある、という特徴を持っています。

    日本の河川には、非常に多くの生態系が存在しています。河川の生態系には、流域の地形によって、源流域や、上、中、下流域などに分類することが出来ます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    有効な地域環境の利用法について
    現存する日本の河川というものは、国土が狭まっているため、また山地が非常に多いために、流域の面積が狭く急流が多く存在しています。この事の影響を受けて、洪水のピークにおける水流の量が大きなものとなってしまっています。水流の量が多くなることで、流出土砂の発生の危険性がある、という特徴を持っています。
    日本の河川には、非常に多くの生態系が存在しています。河川の生態系には、流域の地形によって、源流域や、上、中、下流域などに分類することが出来ます。この生態系は、住んでいる河川の影響を受けるものであり、流域の水を軸とした生態系が築き上げられています。しかしながら、この生態系を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。