会社分離の視点からの価値を見出す方法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数238
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近年、大規模な事業や企業の再編が相次いで起こり、大型IT投資のために必要な資本調達の手段として、注目を集めているのがトラッキング・ストックと称されるものです。日本において、このトラッキング・ストックに関する明確な規定が過去にはありませんでしたが、平成13年商法改正において、一定の法整備がなされたことで、優先配当の上限額を定款に定める必要がなくなりました。また、強制転換に関わる条項付の株式が認められたことによって、営業譲渡や親子会社関係の終了などの場合における、普通株式への一斉転換が可能になった、という事などを踏まえ、トラッキング・ストックの発行を後押ししているのが現状です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    会社分離の視点からの価値を見出す方法について
     
    近年、大規模な事業や企業の再編が相次いで起こり、大型IT投資のために必要な資本調達の手段として、注目を集めているのがトラッキング・ストックと称されるものです。日本において、このトラッキング・ストックに関する明確な規定が過去にはありませんでしたが、平成13年商法改正において、一定の法整備がなされたことで、優先配当の上限額を定款に定める必要がなくなりました。また、強制転換に関わる条項付の株式が認められたことによって、営業譲渡や親子会社関係の終了などの場合における、普通株式への一斉転換が可能になった、という事などを踏まえ、トラッキング・ストックの発行..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。