動物の進化に対する考え方について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数356
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    地球上で生息している生物が、単純な構成から複雑多岐にわたる生物へと進化していくという考え方には、現在様々な説が唱えられています。そういった説の中でも特に強調されているのが、その進化の過程で、弱い生物がやがて消え去り、強い生物が生き残っていく、というような自然淘汰の競争の原理が働いていると考えられています。このような考察をなされたのはダーウィンが顕著な例を挙げ、彼の考え出した説はダーウィニズムと称されています。


    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    動物の進化に対する考え方について
    地球上で生息している生物が、単純な構成から複雑多岐にわたる生物へと進化していくという考え方には、現在様々な説が唱えられています。そういった説の中でも特に強調されているのが、その進化の過程で、弱い生物がやがて消え去り、強い生物が生き残っていく、というような自然淘汰の競争の原理が働いていると考えられています。このような考察をなされたのはダーウィンが顕著な例を挙げ、彼の考え出した説はダーウィニズムと称されています。
    ダーウィンは、自然淘汰説を中心とした進化論を唱えており、それがダーウィニズムの根底となっています。彼は、生物というものは多くの子孫を残そうとするものであ..

    コメント1件

    md107063 購入
    内容以前に、文構造が破綻しており、大変読みにくい文章で書かれています。
    こんなレポートに300ポイント払ってしまったのが、非常に馬鹿らしいと感じました。
    2007/10/26 2:49 (9年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。