通貨危機の原因とアルゼンチン経済について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数662
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    タイで発生した通貨危機の影響は、他の東アジア新興市場国に短期間のうちにその被害を及ぼしました。通貨危機の原因として各国に共通する点を挙げるなら、海外からの大量の短期資金流入と企業による不動産開発等の過大投資が原因です。このような大量の資金流入の誘因としては、アジアの成長性への過度の信頼に加えて、ドル・ペッグ制や、性急な資本自由化などが挙げられます。
    また、東アジア諸国においては、民間債務のエクスポージャー管理が十分になされていないという事柄が挙げられます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    通貨危機の原因とアルゼンチン経済について
    タイで発生した通貨危機の影響は、他の東アジア新興市場国に短期間のうちにその被害を及ぼしました。通貨危機の原因として各国に共通する点を挙げるなら、海外からの大量の短期資金流入と企業による不動産開発等の過大投資が原因です。このような大量の資金流入の誘因としては、アジアの成長性への過度の信頼に加えて、ドル・ペッグ制や、性急な資本自由化などが挙げられます。
     また、東アジア諸国においては、民間債務のエクスポージャー管理が十分になされていないという事柄が挙げられます。しかしながら、一方では、外貨準備に対する海外からの短期債務の比率が急激に上昇するなど、経済システ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。