ルングス族の宗教的世界

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数249
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.儀礼の基本的構造
    儀礼の基本的構造は、悪霊に供犠しもてなしたうえで、精霊の力や呪力のあるものの力を借りて追い払い、神なり精霊なりに加護を頼みなおすことである。しかし、対象となる精霊や悪霊達の範囲も非常に広く、それぞれの儀礼の手続きも比較的複雑に組み立てられている。
    2.いけにえとしての豚と鶏
     悪霊を追い払うには生きものの生命を代償として取引しなければならない。その生命として必ず豚と鶏を使う。これらはあくまで供犠のためであって日常の食用のためではない。このことから宗教と密接に関係してきたことがうかがわれる。
    3.いけにえとしての人の命
     供犠は生命を代償とし、それは生きていなければいけない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ルングス族の宗教的世界
    儀礼の基本的構造
    儀礼の基本的構造は、悪霊に供犠しもてなしたうえで、精霊の力や呪力のあるものの力を借りて追い払い、神なり精霊なりに加護を頼みなおすことである。 しかし、対象となる精霊や悪霊達の範囲も非常に広く、それぞれの儀礼の手続きも比較的複雑に組み立てられている。
    いけにえとしての豚と鶏
       悪霊を追い払うには生きものの生命を代償として取引しなければならない。その生命として必ず豚と鶏を使う。これらはあくまで供犠のためであって日常の食用のためではない。このことから宗教と密接に関係してきたことがうかがわれる。
    いけにえとしての人の命
      供犠は生命を代償とし、それは生き..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。