地域福祉の概念規定における機能的アプローチと構造的アプローチについて述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,441
ダウンロード数40
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1980年代、地域福祉の理論とされていた諸説が「機能と構造」という観点から整理され、新しい社会福祉の概念として地域福祉の概念化が図られた。
    機能とは、働きや効用、ある場合には行為や作用と呼ばれるものを指すが、一定の構造がなければ認識しにくいという性質をもつ。また、構造とは、ある枠組みや骨格、あるいは容器のようなもので、それだけが存在していても実体のないようなものである。つまり、機能と構造は相互補完的な関係にあり、相手がなければ識別のしようのない関係にあるものである。これを地域福祉に当てはめて観察してみると、地域福祉という相互扶助機能やニーズ充足機能、生活問題解決機能は、法律や財行政、組織や資金、人材などを配置している構造的枠組みがなければ実現できないし、その機能の把握もできないということになる。地域福祉の機能的側面に焦点を当てたものが「機能的アプローチ」であり、構造的側面に焦点を当てたものが「構造的アプローチ」である。
    「機能的アプローチ」では地域福祉を社会的ニーズ(need)を充足する社会的サービスおよび社会資源の供給システムと捉える。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「地域福祉の概念規定における機能的アプローチと構造的アプローチについて述べよ。」
     1980年代、地域福祉の理論とされていた諸説が「機能と構造」という観点から整理され、新しい社会福祉の概念として地域福祉の概念化が図られた。
    機能とは、働きや効用、ある場合には行為や作用と呼ばれるものを指すが、一定の構造がなければ認識しにくいという性質をもつ。また、構造とは、ある枠組みや骨格、あるいは容器のようなもので、それだけが存在していても実体のないようなものである。つまり、機能と構造は相互補完的な関係にあり、相手がなければ識別のしようのない関係にあるものである。これを地域福祉に当てはめて観察してみると、地域福祉という相互扶助機能やニーズ充足機能、生活問題解決機能は、法律や財行政、組織や資金、人材などを配置している構造的枠組みがなければ実現できないし、その機能の把握もできないということになる。地域福祉の機能的側面に焦点を当てたものが「機能的アプローチ」であり、構造的側面に焦点を当てたものが「構造的アプローチ」である。
    「機能的アプローチ」では地域福祉を社会的ニーズ(need)を充足する社会的サービス..

    コメント2件

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/09/28 3:58 (10年2ヶ月前)

    ty0628 購入
    参考になりました。
    2007/07/02 15:10 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。