わが国の「少子化」の要因及び児童に及ぼす影響について述べなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数390
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.少子化の要因
     日本では、現在急速に少子化が進んでいる。その要因として次のようなものがある。
    1つには女性の「晩婚化」である。それにともなって出産適齢期間が短くなっている。ここ20年の間に女性の平均初婚年齢は2歳前後遅くなり、2001年の平均初婚年齢は27歳前後となっている。また未婚率の上昇もある。日本は欧米の国と比べても婚外出生の割合が1%と極めて少ないため、未婚率の上昇が直ちに出生率の低下につながっている。 また、婚姻関係を結んだとしても、産むという選択をしなかったり、子どもをあまり多く産まないという選択をする人も増えている。少ない子どもをより丁寧に育てようとする「一児豪華主義」などの傾向もみられるようになっている。
     こうした変化の背景にあるものは何か。近年、特に女性の結婚・出産・育児に対する考え方が変化してきている。結婚や出産に積極的ではない女性が増加しているのである。かつて女性が経済的に自立することが困難であった時代には、女性にとって結婚は経済的保障が得られるほとんど唯一の場であった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「わが国の「少子化」の要因及び児童に及ぼす影響について述べなさい。」
    1.少子化の要因
     日本では、現在急速に少子化が進んでいる。その要因として次のようなものがある。
    1つには女性の「晩婚化」である。それにともなって出産適齢期間が短くなっている。ここ20年の間に女性の平均初婚年齢は2歳前後遅くなり、2001年の平均初婚年齢は27歳前後となっている。また未婚率の上昇もある。日本は欧米の国と比べても婚外出生の割合が1%と極めて少ないため、未婚率の上昇が直ちに出生率の低下につながっている。 また、婚姻関係を結んだとしても、産むという選択をしなかったり、子どもをあまり多く産まないという選択をする人も増えている。少ない子どもをより丁寧に育てようとする「一児豪華主義」などの傾向もみられるようになっている。
     こうした変化の背景にあるものは何か。近年、特に女性の結婚・出産・育児に対する考え方が変化してきている。結婚や出産に積極的ではない女性が増加しているのである。かつて女性が経済的に自立することが困難であった時代には、女性にとって結婚は経済的保障が得られるほとんど唯一の場であった。結婚は生きていく..

    コメント1件

    yoshinori 購入
    GOOD!!
    2006/05/08 13:01 (10年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。