児童の権利に関する条約制定の背景とその意義について述べなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数683
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.条約制定の背景
     「児童の権利に関する条約」制定の背景にあるのは過去から現在に至るまで、幼い子どもたちが「絶対的弱者」として存在してきた、という事実である。
    「子ども」は「大人」に育てられるという受動的な存在としての宿命を持ち、成人と比較して絶対的なハンディキャップを負っている。そのため、児童の蔑視・強制・支配は歴史上たえることはなかった。特に発展途上国の子どもたちは、たえず貧困・飢餓・病気・不就学・児童労働・児童買春・性的搾取・人身売買など多くの問題に直面してきた。これらは単独で存在するわけではなく、いくつもが連鎖しあい、子どもたちを脅かし続けてきた。
     また発展途上国だけでなく、先進国においても、子どもへのエイズの蔓延やストリートチルドレン、児童虐待など、子どものそばには数多くの問題がある。
    これらの問題の根底には「子ども期」ゆえの特徴がある。一つには、子どもは身体的にも精神的にも未熟な時期であり、成人に抵抗することが困難である。たとえ自分の意に沿わなくても従わざるを得ない場合がほとんどである。また子どもは年少の時期にあるほど、自らの意図を主張する手段に乏しく、またその影響力が非常に限られている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「「児童の権利に関する条約」制定の背景とその意義について述べなさい。」
    条約制定の背景
     「児童の権利に関する条約」制定の背景にあるのは過去から現在に至るまで、幼い子どもたちが「絶対的弱者」として存在してきた、という事実である。
    「子ども」は「大人」に育てられるという受動的な存在としての宿命を持ち、成人と比較して絶対的なハンディキャップを負っている。そのため、児童の蔑視・強制・支配は歴史上たえることはなかった。特に発展途上国の子どもたちは、たえず貧困・飢餓・病気・不就学・児童労働・児童買春・性的搾取・人身売買など多くの問題に直面してきた。これらは単独で存在するわけではなく、いくつもが連鎖しあい、子どもたちを脅かし続けてきた。
     また発展途上国だけでなく、先進国においても、子どもへのエイズの蔓延やストリートチルドレン、児童虐待など、子どものそばには数多くの問題がある。
    これらの問題の根底には「子ども期」ゆえの特徴がある。一つには、子どもは身体的にも精神的にも未熟な時期であり、成人に抵抗することが困難である。たとえ自分の意に沿わなくても従わざるを得ない場合がほとんどである。また子どもは年..

    コメント7件

    yoshinori 購入
    参考にさせて頂きます。ありがとうございました。
    2006/05/05 13:51 (10年7ヶ月前)

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/09/28 3:55 (10年2ヶ月前)

    ellwoods 購入
    参考になりました。ありがとうございました
    2006/10/15 10:33 (10年2ヶ月前)

    LOTO6 購入
    満足できる資料でした
    2006/11/12 21:35 (10年1ヶ月前)

    spring 購入
    参考になりました
    2006/11/28 19:33 (10年前)

    sakuma 購入
    参考になりました
    2006/12/06 3:39 (10年前)

    ar50989t 購入
    わかりやすかったです。
    2007/06/14 1:14 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。