集団援助技術(グループワーク)の原則と過程を述べなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,389
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.集団援助技術の原則
    グループワークの原則は二つの視点からとらえることができる。1つ目の視点は、ワーカーとメンバー一人ひとりの間で考えられる原則である。これは、ソーシャルワークの領域でよく知られている「バイステックの7原則」があてはまる。?個別化の原則?意図的な感情表現の原則?統制された情緒関与の原則?受容の原則?非審判的態度の原則?自己決定の原則?秘密保持の原則、である。
    もう1つの視点は、グループワーカーとグループ全体の間で考えられる原則であり、それには次のようなものが考えられる。
    ?個別化の原則
    ワーカーは決してグループをひとつの集団としてだけ見てはいけない。グループの中で個人として扱ってほしいというメンバーの欲求にこたえながら、メンバー一人ひとりの存在意義を明確にしていく。
    ?受容の原則
     メンバー一人ひとりの長所、短所を認め、その人の言動・感情・思想などをあるがままに受け入れる。このことは反社会的な行為を認めることではない。行為そのものは正しく評価しながらも、その人がそうせざるを得なかった背景を理解し、感情を受け止めていく。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「集団援助技術(グループワーク)の原則と過程を述べなさい。
     
    集団援助技術の原則
    グループワークの原則は二つの視点からとらえることができる。1つ目の視点は、ワーカーとメンバー一人ひとりの間で考えられる原則である。これは、ソーシャルワークの領域でよく知られている「バイステックの7原則」があてはまる。①個別化の原則②意図的な感情表現の原則③統制された情緒関与の原則④受容の原則⑤非審判的態度の原則⑥自己決定の原則⑦秘密保持の原則、である。
    もう1つの視点は、グループワーカーとグループ全体の間で考えられる原則であり、それには次のようなものが考えられる。
    ①個別化の原則
    ワーカーは決してグループをひとつの集団としてだけ見てはいけない。グループの中で個人として扱ってほしいというメンバーの欲求にこたえながら、メンバー一人ひとりの存在意義を明確にしていく。
    ②受容の原則
     メンバー一人ひとりの長所、短所を認め、その人の言動・感情・思想などをあるがままに受け入れる。このことは反社会的な行為を認めることではない。行為そのものは正しく評価しながらも、その人がそうせざるを得なかった背景を理解し、感情を受け..

    コメント3件

    akim28 購入
    参考にします。
    2006/09/07 10:55 (10年3ヶ月前)

    sizu0523 購入
    参考になりました。
    2006/11/07 13:18 (10年1ヶ月前)

    yuuki407 購入
    参考になりました。
    2007/10/26 11:30 (9年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。