個別援助技術(ケースワーク)の原則と進め方について述べなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,372
ダウンロード数40
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. 個別援助技術(ケースワーク)の原則
    個別援助技術では、利用者と援助者の人間関係が活動の基盤であり、信頼関係(ラポール)を構築することが不可欠である。これは私的な関係とは異なる、専門的な援助関係である。この援助関係形成に必要な原則として頻繁に引用されるのが「バイステックの7原則」である。バイステックは著書『The Casework Relationship』の中で、より良い援助関係形成のためにワーカーの行動指針を導き出したのである。
    ?個別化の原則
     利用者一人ひとりの固有の性質を認め、理解し、その利用者なりの特徴をとらえて、その人にふさわしい援助方法を選択して適切に対応しなければならない。利用者は、人間の権利に基づき固有の主体的存在として、また、個性的な人格として扱われる。
     ?意図的な感情表現の原則
    利用者がもつ感情には肯定的なものだけではなく、否定的なものもある。援助者は、その状況に応じて、ケースワーク過程の中で有効であるときには、それらの感情を意図的に刺激する場合がある。ただし、利用者の感情表出にあたって、それを非難したりせず、傾聴し、受容することが必要である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「個別援助技術(ケースワーク)の原則と進め方について述べなさい。」
    個別援助技術(ケースワーク)の原則
    個別援助技術では、利用者と援助者の人間関係が活動の基盤であり、信頼関係(ラポール)を構築することが不可欠である。これは私的な関係とは異なる、専門的な援助関係である。この援助関係形成に必要な原則として頻繁に引用されるのが「バイステックの7原則」である。バイステックは著書『The Casework Relationship』の中で、より良い援助関係形成のためにワーカーの行動指針を導き出したのである。
    ①個別化の原則
     利用者一人ひとりの固有の性質を認め、理解し、その利用者なりの特徴をとらえて、その人にふさわしい援助方法を選択して適切に対応しなければならない。利用者は、人間の権利に基づき固有の主体的存在として、また、個性的な人格として扱われる。
     ②意図的な感情表現の原則
    利用者がもつ感情には肯定的なものだけではなく、否定的なものもある。援助者は、その状況に応じて、ケースワーク過程の中で有効であるときには、それらの感情を意図的に刺激する場合がある。ただし、利用者の感情表出にあたって、それ..

    コメント4件

    toratora 購入
    参考になりました
    2006/04/30 13:01 (10年7ヶ月前)

    hn830928 購入
    参考にします
    2006/06/16 22:12 (10年6ヶ月前)

    akim28 購入
    参考になりました。
    2006/08/31 15:16 (10年3ヶ月前)

    sizu0523 購入
    参考になりました。
    2006/11/07 13:18 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。