集団援助技術(グループワーク)の展開過程についてまとめなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数2,668
ダウンロード数41
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    グループワークの援助過程は、「準備期」「開始期」「作業期」「終結期」の4つの段階に分けられる。

    (1)準備期

     グループワークを始める前の期間である。まず、ニーズを探り、問題・課題を明らかにし、目的・目標をたてていく。また、ニーズを参考にしながら、参加人数、参加条件、参加形態など、どのようにグループを形成するかについて検討することになる。

     グループワークで適正とされる人数は5〜15人とされるが、グループワーカーの経験や能力、参加メンバーの特性によっても違ってくる。参加条件は、参加メンバーの性別、年齢、職業、家族や抱えている問題などの要素をある程度同質なものにするか、あるいは異質なものにするかを決めるものとなる。同質グループは話題を共有しやすい。異質グループは新しい価値観や視点をグループに持ち込むことが可能となる。参加形態は、参加するメンバーを変えない閉鎖的グループにするか、メンバーの出入りが自由な開放的グループにするかを決める。閉鎖的グループは、段階を追ってグループが成長し、メンバー同士に一体感や仲間意識が生じやすい。開放的グループは、毎回新しい考え方や意見が得られ、マンネリに陥りにくい。

     

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「集団援助技術(グループワーク)の展開過程についてまとめなさい。」
     
     グループワークの援助過程は、「準備期」「開始期」「作業期」「終結期」の4つの段階に分けられる。
    (1)準備期
     グループワークを始める前の期間である。まず、ニーズを探り、問題・課題を明らかにし、目的・目標をたてていく。また、ニーズを参考にしながら、参加人数、参加条件、参加形態など、どのようにグループを形成するかについて検討することになる。
     グループワークで適正とされる人数は5~15人とされるが、グループワーカーの経験や能力、参加メンバーの特性によっても違ってくる。参加条件は、参加メンバーの性別、年齢、職業、家族や抱えている問題などの要素をある程度同質なものにするか、あるいは異質なものにするかを決めるものとなる。同質グループは話題を共有しやすい。異質グループは新しい価値観や視点をグループに持ち込むことが可能となる。参加形態は、参加するメンバーを変えない閉鎖的グループにするか、メンバーの出入りが自由な開放的グループにするかを決める。閉鎖的グループは、段階を追ってグループが成長し、メンバー同士に一体感や仲間意識が生..

    コメント9件

    hinafumi 購入
    丁寧に書いてありました
    2006/05/19 8:51 (10年6ヶ月前)

    guruminn 購入
    参考になりました
    2006/06/06 19:25 (10年6ヶ月前)

    hitomi830 購入
    参考になりました
    2006/06/14 22:56 (10年6ヶ月前)

    godhill 購入
    参考にします。
    2006/08/25 15:37 (10年3ヶ月前)

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/09/28 3:52 (10年2ヶ月前)

    maruko05 購入
    参考になりました☆
    2006/11/04 12:21 (10年1ヶ月前)

    nichtstun 購入
    大変参考になりました。
    2006/11/13 0:44 (10年1ヶ月前)

    akifa0202 購入
    参考になりました
    2007/01/05 2:16 (9年11ヶ月前)

    LOTO6 購入
    参考になりました
    2007/06/05 23:37 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。