個別援助技術(ケースワーク)の展開過程について述べなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数2,620
ダウンロード数45
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    利用者へのさまざまな援助は、その場の思いつきで行われるのではなく、利用者の二−ズや利用者に関する情報を把握し、時間的な流れや問題解決の状況を考慮しながら、科学的な方法をもって展開される。この方法や手法を「過程」と呼ぶのである。ケースワークの展開過程は、以下のような段階に大きく分けられる。これらの段階は、必ずしも順番を追って規則的に進むと言うわけではなく、その時々のケースの状況に応じて、フィードバックさせることが必要な場合もある。
    ?インテーク(受理面接)
    ケースワークの展開過程は、援助者と利用者が出会う面接から始まる。この最初の段階の面接をインテーク面接という。インテーク(intake)とは、「取り入れること」「受理」などの意味がある。この最初のインテーク面接を専門に担当する専門職(ワーカー)はインテーク・ワーカーと呼ばれ、関係機関や施設などでは熟練した専門職が担当している場合が多い。
    インテーク面接では、利用者の問題をその担当機関や施設などが取り扱うか否かを判断する責任を担う。取り扱うことが不可能であると判断される場合には、他の専門機関や施設などへ紹介することになる。
    ケースワークは、その過程の中で援助者が利用者自らの問題解決能力を主体的に育てることへのかかわりに意義をもつ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「個別援助技術(ケースワーク)の展開過程について述べなさい。」
    利用者へのさまざまな援助は、その場の思いつきで行われるのではなく、利用者の二-ズや利用者に関する情報を把握し、時間的な流れや問題解決の状況を考慮しながら、科学的な方法をもって展開される。この方法や手法を「過程」と呼ぶのである。ケースワークの展開過程は、以下のような段階に大きく分けられる。これらの段階は、必ずしも順番を追って規則的に進むと言うわけではなく、その時々のケースの状況に応じて、フィードバックさせることが必要な場合もある。
    ①インテーク(受理面接)
    ケースワークの展開過程は、援助者と利用者が出会う面接から始まる。この最初の段階の面接をインテーク面接という。インテーク(intake)とは、「取り入れること」「受理」などの意味がある。この最初のインテーク面接を専門に担当する専門職(ワーカー)はインテーク・ワーカーと呼ばれ、関係機関や施設などでは熟練した専門職が担当している場合が多い。
    インテーク面接では、利用者の問題をその担当機関や施設などが取り扱うか否かを判断する責任を担う。取り扱うことが不可能であると判断される場合..

    コメント11件

    dougane 購入
    参考になりました。
    2006/05/07 14:17 (10年7ヶ月前)

    sakuma 購入
    参考になりました
    2006/06/02 23:34 (10年6ヶ月前)

    hide203 購入
    役立ちました
    2006/06/22 10:37 (10年5ヶ月前)

    godhill 購入
    ありがとうございました。
    2006/07/03 0:45 (10年5ヶ月前)

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/09/28 3:54 (10年2ヶ月前)

    kaigosi 購入
    さんこうになった。
    2006/10/05 22:39 (10年2ヶ月前)

    LOTO6 購入
    満足できる資料でした
    2006/11/12 21:36 (10年1ヶ月前)

    2006yasu 購入
    よかった
    2006/12/17 1:27 (10年前)

    akifa0202 購入
    参考になりました
    2007/01/07 10:42 (9年11ヶ月前)

    greengreen 購入
    参考になりました!
    2007/04/21 13:50 (9年7ヶ月前)

    nichtstun 購入
    参考になりました
    2007/06/17 22:43 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。