「日本とアメリカの老人ホームの特色や相違点について概説し、わが国の老人福祉施設をめぐる今日的課題について述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,292
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本福祉アメリカ高齢者介護社会施設高齢化行政老人

    代表キーワード

    環境

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「日本とアメリカの老人ホームの特色や相違点について概説し、わが国の老人福祉施設をめぐる今日的課題について述べよ。」
     わが国は現在、急激に高齢化が進行している。そのスピードは世界で最も早く、社会保障制度崩壊の危機すらある。今後さらに団塊の世代が一気に高齢化するため、推計によれば、2050年には日本は2.5人に1人が65歳以上という超高齢社会になると言われている。
     しかし、こうした状況とは反比例して家庭の介護能力はどんどん低下している。核家族化の進行や、女性の就業率の上昇などによって家庭に介護できる人がいなくなってしまった。こうした状況の中で老人福祉施設の重要性は増しており、その傾向は今後さらに顕著になるだろう。
     しかし、日本の老人福祉施設は多くの課題を抱えている。まず様々な「量的な不足」がある。寝たきりや認知症の高齢者が入所する特別養護老人ホームは多くの待機者を抱えており、その数は全国で30万人を超えると言われている。また、介護従事者の不足も深刻で、稼動不可能な状態にまで陥る施設もある。
    その次は「質的な不足」である。老人福祉施設への入所はかつて「措置」といい、行政が入所者を「収容..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。