社会的相互作用について述べよ。

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,065
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     まず始めに社会的相互作用と社会心理学の関係について見てみる。
    社会心理学とは、個人の心理を基本的単位として、個人の所属する集団や社会における社会心理の全体像を把握しようとする分野である。しかし、個人の心理を個々に切り離してとらえ、それを寄せ集めてみても、社会の心理は必ずしも浮かび上がってはこない場合がある。なぜなら、ある一定の社会的条件のもとで個人の心理が相互に作用し、その結果、社会全体としての心理が生み出されるからである。そのため、そういった人と人とが相互に作用しあう「社会的相互作用」のあり方を研究することが、社会心理学にとって必要不可欠なのである。ちなみにランバートとランバート(1966)は社会的相互作用を「人々が、思想、感情、反応の相互交換を通して互いに影響を及ぼしあう過程」としている。
     では、私達の日常生活の中にある社会的相互作用にはどのようなものがあるのか。具体的にみていくことにする。
    (1)自己開示
     人との相互作用における主要な方法の一つに会話がある。そして「自己開示」とは、自ら話さなければ他者は知り得ないような自分の情報を、自分から話すことであり、ある種の会話である..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。