「人格形成に及ぼす環境要因とその役割について述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数9,477
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「人格形成に及ぼす環境要因とその役割について述べよ。」
     人格とはパーソナリティ(personality)のことであり、知能、思考から感情、性格まで、人の心のすべての側面を統合したものをいう。
    personalityはもともとラテン語のpersona(ペルソナ)に由来している。これは劇用の仮面を意味する。ここから、人格は環境との関係により作られ、変わるといわれるようになった。
    人格とは、個人の行動や思考の独自性を説明する概念であり、それぞれに個性を生み出す、一貫した持続性をもつ性質である。そして、精神と身体の両方の機能が統合されたものであり、環境との相互作用のなかで力動的に変動するものである。
     人格形成に影響を及ぼす要因は、遺伝的要因と環境的要因に大別される。人格は、これらの要因が相互に影響しあい、形成されるという考え方が一般的となっている。遺伝と環境の相互作用は、発達初期においてとくに重要な意味をもつ。S.フロイトは発達初期の経験がそれ以後とは質的にも異なる意味をもち、後の人格形成に決定的な影響を与えるとしている。
     ここでは、環境的要因に焦点を置き、その中でも特に人格形成に与えるとされている①家庭的要因、②集団的要因、③社会・文化的要因について述べる。
    ①家庭的要因
     人格形成において、家庭は非常に重要な影響を及ぼす。子どもは家庭環境から、周囲の環境に対する基本的信頼感を確立していき、さらに広い環境への信頼を獲得していく。
     子どもを直接的に育てる養育者は、多くの場合はその母親であり、母親からの保護の働きかけなど、乳児の基本的信頼感の確立に重要な働きをする。また、乳児も声を出したり、泣いたりなどして積極的に働きかける。したがって、養育者と子どもの関係は、養育者から子どもへの一方的なものではなく、相互的なものである。
     乳幼児期に長期間、母親が不在であったり、幼児期に親の愛情を受けずに育った子供は、表情(笑顔等)が少なくなったりする傾向がある。また、こういう環境で育った子供は、脳の発達具合にまで悪影響がみられる。
     また、養育者の養育態度が人格形成に与える影響については、多くの学者が研究成果を残している。サイモンズは、親子関係を規定する基本的要因として、支配・服従と受容・拒否の組み合わせによって、無視・残忍・溺愛・放任の四つの態度に分類した。養育者の支配的、過保護、拒否的などの好ましくない態度からは、消極的、依存的、反社会的などの好ましくない人格特性が形成されやすい傾向にあるといえる。
     また、ラドケは、民主的な養育態度の親と子どもは、専制的な場合とは対照的に、人気があり、強調的で、情緒の安定がいいことを明らかにしている。
     養育者の態度と子どもの人格の関係について多くの研究があるが、結果は必ずしも一致していない。しかし、これらの中で共通している点は、養育者が暖かく、親和的態度をとる場合は、子どもは精神的にも安定し、他人との対人関係も安定するということである。
     しかし、子どもが養育者に対して依存的であると、養育者の不安や心配を誘い、ますます子どもに干渉し保護的になるといった悪循環が生じる。このような例からも分かるように、子どもの態度や行動が養育者の態度を変えていくといった一面もあり、相互に影響しあったものであるという点を無視することはできない。
     また、兄弟姉妹の関係には、お互いを認め合う暖かい情緒的な人間関係と競争相手としての冷たい関係とを併せ持つという特徴がある。ここから、協力的、競争的などの人格特性が形成される。
    しかし、近年のわが国

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「人格形成に及ぼす環境要因とその役割について述べよ。」
     人格とはパーソナリティ(personality)のことであり、知能、思考から感情、性格まで、人の心のすべての側面を統合したものをいう。
    personalityはもともとラテン語のpersona(ペルソナ)に由来している。これは劇用の仮面を意味する。ここから、人格は環境との関係により作られ、変わるといわれるようになった。
    人格とは、個人の行動や思考の独自性を説明する概念であり、それぞれに個性を生み出す、一貫した持続性をもつ性質である。そして、精神と身体の両方の機能が統合されたものであり、環境との相互作用のなかで力動的に変動するものである。
     人格形成に影響を及ぼす要因は、遺伝的要因と環境的要因に大別される。人格は、これらの要因が相互に影響しあい、形成されるという考え方が一般的となっている。遺伝と環境の相互作用は、発達初期においてとくに重要な意味をもつ。S.フロイトは発達初期の経験がそれ以後とは質的にも異なる意味をもち、後の人格形成に決定的な影響を与えるとしている。
     ここでは、環境的要因に焦点を置き、その中でも特に人格形成に与える..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。