好奇心という名の治療薬

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数257
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    根性は肉体の衰えと共に萎み、情熱の炎はいつか消える。気迫は経験の蓄積と共に源を失い、仕事に向かう精神力は定年と共に消える。希望は時が経つにつれその幅を狭め、可能性もそうである。
     ただ、好奇心だけは。それだけはこの世でゼロからでさえ生まれるものだから。
     世の中が今の日本の社会の社会状態のように、意味の無い労働と、意味の無い消費と、そんな風景に埋もれ希望の見えない雰囲気に陥った時に人類は二つの道を選んできた。戦争か、それとも冒険か。
     僕らは生きるべき道を見失った時に何を見るのか。全てのものに希望が持てなくなった時に、なにが見えて何に向かうのか。
     破壊と破滅か、それとも好奇心と創造か。
     我々は色々なシーンで、もっとうまくやれるはずなのに、自分からその力を諦めてしまう。世の中のシステムを言い訳に閉じこもる。うまくやれる人を見ては、それは生まれた時の能力で決定されているものだと言い、そう信じてしまう。
    しかし実はそれは能力の問題ではなく環境の問題のみであり、その環境が自分の好奇心を吸い込む環境であるかないかだけの問題である。むしろその好奇心の適正でさえも、環境により育てられるものだと言える。なぜならば、人は誰しもが成長し、更に幾つになろうとも成長する物だからだ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

              好奇心という名の治療薬 
                        
    根性は肉体の衰えと共に萎み、情熱の炎はいつか消える。気迫は経験の蓄積と共に源を失い、仕事に向かう精神力は定年と共に消える。希望は時が経つにつれその幅を狭め、可能性もそうである。  ただ、好奇心だけは。それだけはこの世でゼロからでさえ生まれるものだから。  世の中が今の日本の社会の社会状態のように、意味の無い労働と、意味の無い消費と、そんな風景に埋もれ希望の見えない雰囲気に陥った時に人類は二つの道を選んできた。戦争か、それとも冒険か。  僕らは生きるべき道を見失った時に何を見るのか。全てのものに希望が持てなくなった時に、なにが見えて何に向かうのか。  破壊と破滅か、それとも好奇心と創造か。  我々は色々なシーンで、もっとうまくやれるはずなのに、自分からその力を諦めてしまう。世の中のシステムを言い訳に閉じこもる。うまくやれる人を見ては、それは生まれた時の能力で決定されているものだと言い、そう信じてしまう。
    しかし実はそれは能力の問題ではなく環境の問題のみであり、その環境が自分の好奇心を吸い込む環境である..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。