『お手紙』授業案

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数270
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    子ども授業時間自分

    代表キーワード

    授業案

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    [課題9]04.07.06提出
    小学校1年生ないし2年生に、『お手紙』の授業をしようとする。二人が玄関の前で手紙を待つ数行の記述の読み取りに一時間かけたい。その授業案を構想してみよ。
    T:では、始めます。『お手紙』の続きを読んでいきましょう。
    この間、かえるくんは何をしたんだったかな?
    ・手紙を出した。
    T:そうだね、手紙を出したんだ。誰にかな?
    ・ガマくん。
    T:そう、かえるくんからガマくんへの手紙だったね。
    その手紙はもう届いたのかな?
    ・まだ。
    T:じゃぁ誰が持ってるの?
    ・かたつむりくん。
    T:かたつむりくん?何でかたつむりくんが持っているの?ガマくんへの手紙でしょ?
    ・かえるくんがかたつむりくんに頼んだから。
    T:そうか、頼んだのか。何を頼んだのかな?
    ・ガマくんに手紙を届けてって。
    T:そっか、そっか。かえるくんがかたつむりくんに手紙を届けてって言ったんだね。
     それで、今、かたつむりくんがその手紙を運んでいるところなんだ。
     じゃぁ、その手紙が届くことをガマくんは知っているんだっけ?
    ・知っている。
    T:何で知ってるの?
    ・かえるくんが言っちゃったから。
    T:そう。かえる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。