生徒との関わりに関して

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数257
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    児童と実習生は信頼関係を築きつつあるのではないかな、と感じる場面が幾度となくあった。年齢が幼い分だけ、実習生への慣れも早いのかもしれない。しかし、児童が幼いからというだけではなく、この信頼関係は実習生の授業への面白さとも決して無関係ではないはずだ。授業が分かりやすく楽しいから児童にも実習生への親しみがわくのだと思った。しかし同時に、実習生にとってはたくさんの児童であっても、児童にとってはたった1人の先生ということを自覚する必要性を強く感じた。ともすれば疎外感を味わいやすい児童に、どれだけ眼を向けることができるか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <生徒との関わりに関して>
    ・小学校
    児童と実習生は信頼関係を築きつつあるのではないかな、と感じる場面が幾度となくあった。年齢が幼い分だけ、実習生への慣れも早いのかもしれない。しかし、児童が幼いからというだけではなく、この信頼関係は実習生の授業への面白さとも決して無関係ではないはずだ。授業が分かりやすく楽しいから児童にも実習生への親しみがわくのだと思った。しかし同時に、実習生にとってはたくさんの児童であっても、児童にとってはたった1人の先生ということを自覚する必要性を強く感じた。ともすれば疎外感を味わいやすい児童に、どれだけ眼を向けることができるか。活発な子に眼を向けることは簡単なことだが、後..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。