反証主義の説明と、自分の意見

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数446
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    あるとき、どんな科学理論でも、根拠のない飛躍が含まれているという事がわかった。つまり、『人類はどうがんばっても、確実に正しい科学理論というものを作り出せない』という事実がわかったのである。だが、1930年頃、そこへ、オーストリア出身で、イギリスの科学哲学者である、カール・ラインムント・ポパーを第一人者とする、『反証主義』という新しい科学思想が現れたのである。反証主義とは、どのようにして、本物の科学と、偽物の科学を見分ければよいのであろうか、というところにスポットを当て、単純にいってしまえば、『観察』や『実験』を行い、『間違っている』ということの『証拠』を示す事なのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <反証主義の説明と、自分の意見>
     あるとき、どんな科学理論でも、根拠のない飛躍が含まれているという事がわかった。つまり、『人類はどうがんばっても、確実に正しい科学理論というものを作り出せない』という事実がわかったのである。だが、1930年頃、そこへ、オーストリア出身で、イギリスの科学哲学者である、カール・ラインムント・ポパーを第一人者とする、『反証主義』という新しい科学思想が現れたのである。反証主義とは、どのようにして、本物の科学と、偽物の科学を見分ければよいのであろうか、というところにスポットを当て、単純にいってしまえば、『観察』や『実験』を行い、『間違っている』ということの『証拠』を示す事なのである。反証は、実証に比べてとても簡単であり、かつ、確実な証明方法なのである。
    例えば、歴史的に、今現在までに、すべてのリンゴが落下してきたとしても、理由は多々考えられるが、『次のリンゴも確実に落下する』、ということはいえないのである。また、別の例を挙げると、例えば、『黒いカラス』を1億羽集めたとしても、『1億羽の黒いカラスが存在している』ということがいえるだけであって、『全てのカラスは黒い..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。