代理母

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,158
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート代理母代理母出産倫理

    代表キーワード

    代理母

    資料紹介

    代理母出産とは、子宮筋腫、子宮の全摘、習慣性流産等の子宮のトラブルや、母親となる人が高齢である、等といった理由で母親の出産が困難な場合に第三者の女性が別の女性に子供を引き渡す目的で妊娠・出産をすることである。代理母を依頼する夫婦は、先に述べた場合に加え、性病やウィルス性の病気にかかっていないこと、精神科の治療を受けていないこと、そしてもちろん、夫婦ともに、子供が欲しいという強い願望があること、が必要である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <代理母は許されるか>
    代理母出産とは、子宮筋腫、子宮の全摘、習慣性流産等の子宮のトラブルや、母親となる人が高齢である、等といった理由で母親の出産が困難な場合に第三者の女性が別の女性に子供を引き渡す目的で妊娠・出産をすることである。代理母を依頼する夫婦は、先に述べた場合に加え、性病やウィルス性の病気にかかっていないこと、精神科の治療を受けていないこと、そしてもちろん、夫婦ともに、子供が欲しいという強い願望があること、が必要である。また一般的に、その第三者の女性を、代理母と呼ぶ。生まれてきた子供は、戸籍上は依頼者夫婦の実子として登録されるか、養子制度を利用される。
     代理母出産には大きく分けて、借り腹と呼ばれるものと、サロゲートマザーと呼ばれるものとがある。
     借り腹とは、1980年代から行われている方法で、代理母が子宮のみを提供するケースであり、精子と卵子は依頼した夫婦のものであるので、生まれてくる子供は、遺伝的にもその夫婦の子供となるのである。
     サロゲートマザーとは、1960年代から行われている方法で、依頼者夫婦の夫の精子と代理母の卵子を受精させる方法であり、代理母は卵子のドナーと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。