e-マーケットプレイス(電子市場)について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数547
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.e−マーケットプレイス(電子市場)について
    e−マーケットプレイスとは、インターネットを用いたWebサイトを通じて「売り手」と「買い手」を結び付けるネットショッピングモールのような、多数企業によるN:Nの企業間取引所である。
    e−マーケットプレイスは、主催者の認証を満たすことで参加することが可能であるため、参入障壁が比較的低いことから売り手・買い手ともに取引実績のない新規参入企業の参加を前提としている。
    また、「主催者」と「取引形態」において下記のように、それぞれ3つへ分類することができる。

    1.1.主催者での分類
    (1)買い手主催
    バイイングパワーを持つ「買い手」が集まることで、「売り手」へ強い影響力を与える。
    このため低価格での商品調達が目的となり、同一業界が共同出資する業界コンソーシアムが多い特徴がある。
    (2)売り手主催
    1サイト上で関連商品の購入を完結させるため、ワンストップ・ショッピング機能を提供する。
    (3)第三者主催
    新規事業に参入するベンチャー企業によるものや、e−マーケットプレイスのシステム設計との相乗効果を目的に参入するソフトウェアベンダーがある。
    日本においては、特に生き残りをかけた商社が指導する中間流通業の生き残り策である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    e-ビジネス総論 レポート
    e-マーケットプレイス(電子市場)について
    e-マーケットプレイスとは、インターネットを用いたWebサイトを通じて「売り手」と「買い手」を結び付けるネットショッピングモールのような、多数企業によるN:Nの企業間取引所である。
    e-マーケットプレイスは、主催者の認証を満たすことで参加することが可能であるため、参入障壁が比較的低いことから売り手・買い手ともに取引実績のない新規参入企業の参加を前提としている。
    また、「主催者」と「取引形態」において下記のように、それぞれ3つへ分類することができる。
    主催者での分類
    買い手主催
    バイイングパワーを持つ「買い手」が集まることで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。