ブランドマネジメント

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数615
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. 顧客ニーズの発見とプロダクト創造
    現存する企業、楽天株式会社の顧客ニーズの発見とプロダクト創造について、論述する。

    1.1. 顧客ニーズの発見
    日常生活において、私たち消費者は「物」を購入するときに、店舗へ出向き欲する商品がある場合に購入する。専門的な商品ともなると、それぞれの専門店へ出向かなければ購入できないなどの不便さがある。移動時間や、店舗の営業時間、交通費などの金銭的な不便さも伴う。
    そこで、時間や場所にとらわれず、ワンストップ・ショッピングにて多種多様な商品を比較検討し、より短時間により安価に購入したい商品を見つけ、いつでも決済したいとの顧客ニーズがある。

    また、商品を販売する店舗は、無店舗企業で無い限り近隣の消費者が出向いてくることによる限られた売上を見込むしかないが、販売ターゲットを近隣だけでなく、日本全土さらには世界に広げることによる売上増を行いたいとのニーズがある。このニーズ持つ顧客は、増楽天株式会社からみた顧客(楽天市場を利用している企業)である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ブランドマネジメント レポート
    顧客ニーズの発見とプロダクト創造
    現存する企業、楽天株式会社の顧客ニーズの発見とプロダクト創造について、論述する。
    顧客ニーズの発見
    日常生活において、私たち消費者は「物」を購入するときに、店舗へ出向き欲する商品がある場合に購入する。専門的な商品ともなると、それぞれの専門店へ出向かなければ購入できないなどの不便さがある。移動時間や、店舗の営業時間、交通費などの金銭的な不便さも伴う。
    そこで、時間や場所にとらわれず、ワンストップ・ショッピングにて多種多様な商品を比較検討し、より短時間により安価に購入したい商品を見つけ、いつでも決済したいとの顧客ニーズがある。
    また、商品を販売する店舗は、無店舗企業で無い限り近隣の消費者が出向いてくることによる限られた売上を見込むしかないが、販売ターゲットを近隣だけでなく、日本全土さらには世界に広げることによる売上増を行いたいとのニーズがある。このニーズ持つ顧客は、増楽天株式会社からみた顧客(楽天市場を利用している企業)である。
    プロダクト創造
    楽天株式会社は、インターネット・インフラが普及した背景を元に、WEBブラウザが動..

    コメント1件

    kamikaze11 購入
    非常に詳しく掘り下げて書かれていました。
    2007/09/06 2:26 (9年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。