人間関係論について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,465
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1924年〜1932年にかけて、アメリカ電話電信会社翼下のウェスタン・エレクトリック社のシカゴ郊外にあるホーソン工場で、G.E.メイヨーやF.J.レスリスバーガーらが加わり、従業員の作業能率に影響を与える要因の解明についての調査が行なわれた。結果、その要因は人間関係に依存するという、管理論に人間の心理が加わった論理である。

    2.実験内容とその結果
    (ア) 実験
    ?照明実験
    ホーソン工場での最初の実験であり、1924年から2年半続いた実験である。

    (1)実験の目的
    物理的変化(照明度)により、反応する機械と同様に人間を仮定し、照明の度合に伴う従業員の作業能率への影響について。

    (2)実験内容
    2つの労働者集団(テスト・グループとコントロール・グループ)を編成し下記実験を行った。
    ・実験1
    テスト・グループは、照明を強めた。
    コントロール・グループは、一定の照明を保った。

    ・実験2
    テスト・グループは、照明度を徐々に最初の水準へ弱めていった。
    コントロール・グループは、一定の照明を保った。

    (3)実験結果
    実験1、実験2とも両グループの生産性は、上昇し続けた。
    したがって、照明と作業能率には何ら相関関係もないという結論である。
    この結論は、予想に反した結果となったため、失敗に終わっている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人間関係論について
    概要
    1924年~1932年にかけて、アメリカ電話電信会社翼下のウェスタン・エレクトリック社のシカゴ郊外にあるホーソン工場で、G.E.メイヨーやF.J.レスリスバーガーらが加わり、従業員の作業能率に影響を与える要因の解明についての調査が行なわれた。結果、その要因は人間関係に依存するという、管理論に人間の心理が加わった論理である。
    実験内容とその結果
    実験
    照明実験
    ホーソン工場での最初の実験であり、1924年から2年半続いた実験である。
    実験の目的
    物理的変化(照明度)により、反応する機械と同様に人間を仮定し、照明の度合に伴う従業員の作業能率への影響について。
    実験内容
    2つの労働者集団(テスト・グループとコントロール・グループ)を編成し下記実験を行った。
    実験1
    テスト・グループは、照明を強めた。
    コントロール・グループは、一定の照明を保った。
    実験2
    テスト・グループは、照明度を徐々に最初の水準へ弱めていった。
    コントロール・グループは、一定の照明を保った。
    実験結果
    実験1、実験2とも両グループの生産性は、上昇し続けた。
    したがって、照明と作業能率には何ら相関..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。