損益計算書における利益の種類とその特質について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,887
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.損益計算書における利益の種類とその特質について
    損益計算書において、下記の6つの利益の種類に分類される。
    (1)売上総利益
    会計期間に属した売上高から売上原価を控除した利益が、売上総利益である。これは、粗利益のことである。
    利益でなく損失となった場合は、売上総損失と呼ぶ。
    (2)営業利益
    売上総利益から会計期間の属した販売及び一般管理費を差し引いた利益が、営業利益である。
    販売及び一版管理費とは、商品や製品の販売業務や一般管理業務に発生した全ての費用のことであり、営業費とも呼ばれている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    会計学原理 レポート
    損益計算書における利益の種類とその特質について
    損益計算書において、下記の6つの利益の種類に分類される。
    売上総利益
    会計期間に属した売上高から売上原価を控除した利益が、売上総利益である。これは、粗利益のことである。
    利益でなく損失となった場合は、売上総損失と呼ぶ。
    営業利益
    売上総利益から会計期間の属した販売及び一般管理費を差し引いた利益が、営業利益である。
    販売及び一版管理費とは、商品や製品の販売業務や一般管理業務に発生した全ての費用のことであり、営業費とも呼ばれている。
    従って、粗利益から営業費を差し引くと営業利益となる。
    利益でなく損失となった場合は、営業損失と呼..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。