百貨店と総合スーパーの違いについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数6,345
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.百貨店と総合スーパー
    それぞれの特徴を下記に論述する。
    1.1.起源
    1.1.1.百貨店
    1852年にパリで開店された「ボン・マルシェ」が最初の近代的百貨店である。日本においては、1904年に「株式会社三越呉服店」として出現し、欧米の百貨店を見習い、近代化が行われた。
    三越は呉服店をルーツとするが、電鉄系の百貨店として、沿線住民の購買力の吸収を目的とし鉄道資本により、第2次世界大戦以降に設立された百貨店もある。
    1.1.2.総合スーパー
    1930年にニューヨークにて創業された「キング・カレン」が始まりである。日本においては、1957年に「主婦の店ダイエー(現在のダイエー)」・「ハト屋(現在のマイカル)」が開店した。
    1.2.特徴
    運営形態、販売形態、取扱商品など、百貨店と総合スーパーの特徴は下記のとおりである。
    1.2.1.百貨店
    百貨店の特徴は、「ここに来ればなんでもそろう」という印象を消費者に与える、ワンストップショップである。
    ?品揃えアイテム数は、数十万にものぼり、ナショナルブランドの販売を中心としており、総合スーパーに比べ価格帯は高価である。
    ?多店舗展開は行わず、1店舗の面積を大規模化し売上を伸ばそうとしている。10万?や8万?の巨大店舗面積を持つ百貨店もある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    商学・百貨店と総合スーパー
    百貨店と総合スーパー
    それぞれの特徴を下記に論述する。
    起源
    百貨店
    1852年にパリで開店された「ボン・マルシェ」が最初の近代的百貨店である。日本においては、1904年に「株式会社三越呉服店」として出現し、欧米の百貨店を見習い、近代化が行われた。
    三越は呉服店をルーツとするが、電鉄系の百貨店として、沿線住民の購買力の吸収を目的とし鉄道資本により、第2次世界大戦以降に設立された百貨店もある。
    総合スーパー
    1930年にニューヨークにて創業された「キング・カレン」が始まりである。日本においては、1957年に「主婦の店ダイエー(現在のダイエー)」・「ハト屋(現在のマイカル)」が開店した。
    特徴
    運営形態、販売形態、取扱商品など、百貨店と総合スーパーの特徴は下記のとおりである。
    百貨店
    百貨店の特徴は、「ここに来ればなんでもそろう」という印象を消費者に与える、ワンストップショップである。
    品揃えアイテム数は、数十万にものぼり、ナショナルブランドの販売を中心としており、総合スーパーに比べ価格帯は高価である。
    多店舗展開は行わず、1店舗の面積を大規模化し売上を伸ばそう..

    コメント4件

    ncs044007 購入
    注目する内容が素晴らしく、資料として素晴らしいレポートでした。
    2006/05/20 15:54 (10年7ヶ月前)

    tenchan 購入
    とても素晴らしいレポートありがとうございました
    2006/06/07 16:02 (10年6ヶ月前)

    minpoh 購入
    大学1年の私にはちょっと難しい内容だったが、とても参考になるものでした。
    2006/07/09 14:02 (10年5ヶ月前)

    kiaidagogo 購入
    内容が簡単すぎてもとめているものと違った。
    100Pのわりにあまり内容がなかったのでザンネン
    2007/01/09 9:26 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。