マイルズ=スノーの環境適応類型について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,511
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.概要
    現実の企業が環境への適応を図る方法は多様であるが、この環境適応の類型を主張する論者の1人、マイルズ=スノーの適応方法について論述する。
    2.環境適応類型
    問題解決に直面する企業は、一定の意思決定のサイクルを反復することにより問題に対処しようとする。このサイクルに一貫して見られるのは、企業の問題対処のクセであり、一定の適応パターンが生み出される。
    2.1.適応パターンの類型化
    マイルズ=スノーによる適応パターンの類型化は、下記の4つである。それぞれの詳細を示す。
    (1)防衛型
    自社のドメインの中で自社の強みを防衛する形で脅威への対抗を図ろうとする企業である。各問題への対処方法を示す。
    (ア)戦略的問題への対処
    安定的な顧客あるいは製品を生み出すために、自社の対象市場を全体市場の変動からいかにして隔離するか。
    これは、限定された市場への積極的な働きかけによる対処である。
    (イ)技術的問題への対処
    いかにして製品やサービスをできる限り効率的に生産・販売・配送するか。
    これは、ルーチンで統合的な技術の採用による対処である。
    (ウ)管理的問題への対処
    能率を維持するためにいかにして組織の厳格なコントロールを行うか。
    これは、機械的組織すなわち、職務権限が明確かつ公式的で、上層部に情報が集中し、上からの命令・指示といった垂直的なピラミッド型の伝達構造をもつ組織管理での対処である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経営学・マイルズ=スノーの環境適応類型について
    概要
    現実の企業が環境への適応を図る方法は多様であるが、この環境適応の類型を主張する論者の1人、マイルズ=スノーの適応方法について論述する。
    環境適応類型
    問題解決に直面する企業は、一定の意思決定のサイクルを反復することにより問題に対処しようとする。このサイクルに一貫して見られるのは、企業の問題対処のクセであり、一定の適応パターンが生み出される。
    適応パターンの類型化
    マイルズ=スノーによる適応パターンの類型化は、下記の4つである。それぞれの詳細を示す。
    防衛型
    自社のドメインの中で自社の強みを防衛する形で脅威への対抗を図ろうとする企業である。各問題への対処方法を示す。
    戦略的問題への対処
    安定的な顧客あるいは製品を生み出すために、自社の対象市場を全体市場の変動からいかにして隔離するか。
    これは、限定された市場への積極的な働きかけによる対処である。
    技術的問題への対処
    いかにして製品やサービスをできる限り効率的に生産・販売・配送するか。
    これは、ルーチンで統合的な技術の採用による対処である。
    管理的問題への対処
    能率を維持するためにいかに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。