ジェンダーフリーの実現とセクシャルマイノリティ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,640
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ジェンダーと聞いてまず私が連想するのは「男らしさ、女らしさ」という言葉であり、また「性の自己決定権」についてである。性の自己決定権については中絶や性的暴力などの問題に加え、最近ではセクシュアルマイノリティの権利擁護などを含んだより包括的なものとして提起されるようになった。だが、同性愛やトランスセクシュアルについての認知やケアなどはジェンダーフリーを実現していくために不可避な問題であるにも関わらず、他のテーマに比べて取りあげられる機会がまだまだ少ないように思う。そこで今回は「ジェンダーの揺らぎ」という観点からセクシュアリティの多様性について、その中でも特にセクシュアルマイノリティを切り口として述べることにする。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ジェンダーフリーの実現とセクシャルマイノリティ
    ジェンダーと聞いてまず私が連想するのは「男らしさ、女らしさ」という言葉であり、また「性の自己決定権」についてである。性の自己決定権については中絶や性的暴力などの問題に加え、最近ではセクシュアルマイノリティの権利擁護などを含んだより包括的なものとして提起されるようになった。だが、同性愛やトランスセクシュアルについての認知やケアなどはジェンダーフリーを実現していくために不可避な問題であるにも関わらず、他のテーマに比べて取りあげられる機会がまだまだ少ないように思う。そこで今回は「ジェンダーの揺らぎ」という観点からセクシュアリティの多様性について、その中..

    コメント2件

    yu3gui4 購入
    論としては「序論のみ」という印象を受ける。切り口は興味深いので、これを起点としてさらに掘り下げて行けば素晴らしい論となろう。
    価格は内容相応であろう。
    2006/06/02 22:42 (10年6ヶ月前)

    bryanfury 購入
    参考になりました
    2007/04/06 23:43 (9年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。