小児とはなにか〜発達の視点から

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,336
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート教育学小児発達子ども

    代表キーワード

    小児発達教育学

    資料紹介

    レポートを作成するにあたり、まず小児という言葉がどのように認識され、用いられているのかを調べることにした。 辞書では「こども、しょうじ。」(大辞林)と定義されており、自治体の医療費助成の規定などにおける場合は主として18歳まで、交通機関の運賃区別では小学生までとされていることが多い。このように小児に対する認識や用いられかたはさまざまで、具体的な境界が存在せず不明瞭である。だが総じて成人に達するまでの新生児、乳児、幼児、学童生徒という名称で区分され、社会的な意義を含め18歳未満を示すことが多いようだ。小児期は身体、運動機能、言語、情緒、社会性などあらゆる領域において発達が著しい時期であり、とりわけ乳児期と思春期において急激な成長が見られる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小児とは何か~発達の視点から
    レポートを作成するにあたり、まず小児という言葉がどのように認識され、用いられているのかを調べることにした。 辞書では「こども、しょうじ。」(大辞林)と定義されており、自治体の医療費助成の規定などにおける場合は主として18歳まで、交通機関の運賃区別では小学生までとされていることが多い。このように小児に対する認識や用いられかたはさまざまで、具体的な境界が存在せず不明瞭である。だが総じて成人に達するまでの新生児、乳児、幼児、学童生徒という名称で区分され、社会的な意義を含め18歳未満を示すことが多いようだ。小児期は身体、運動機能、言語、情緒、社会性などあらゆる領域において..

    コメント1件

    chiyuki 購入
    どのような資料を参考にされたのかが知りたかったです。
    2006/08/06 11:42 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。