厚生年金の危機

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数295
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    終戦直後から1949年まで続いた激しいインフレによって将来の給付に備えた保険料の積立金の大半が失われ、厚生年金保険はその実質的な価値を失った。同様にすでに給付の始まっていた障害年金や遺族年金なども購買力を失っており、年金制度はその存続すら危ぶまれる事態に追い込まれた。
    1947年、業務上の障害に対する労働者災害補償保険制度(労災)が発布されたことに伴い、政府は厚生年金保険から労災部門を切り離すことを決断した。さらに、当時はまだほとんど受給者のいなかった老齢年金の年額を低水準に引き下げることで、これに見合った保険料の大幅な値下げを行うという非常措置をとった。     
    1954年の新厚生年金保険..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。