公的年金制度の黎明

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数436
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート福祉学年金歴史恩給

    代表キーワード

    福祉

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本の年金制度は欧米諸国と比べて歴史が浅く、明治時代の軍人恩給がその始まりとされている。1875年には海軍軍人の恩給が、その翌年には陸軍軍人の恩給が開始され、続いて1884年には文官にも恩給制度が適用された。恩給の給付は本来国家に忠誠を尽くした軍人や役人に対する恩賞という意味で、雇用主である国が従業員である役人に退職年金を給付するというものであった。そのため個人の所得を社会全体で保障しようとする今日の年金制度の仕組みとは異なるものである。その後1923年には、恩給法により軍人恩給及び文官恩給の給付額の水準の統一が図られた。また1905年に八幡製鉄所で初の共済組合制度が設立されると、これまで恩給..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。