法の概念について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,303
ダウンロード数45
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    法という言葉を概念規定することは非常に困難であり、学問的な定義は多種多様である。
    なぜなら、法は有機的生物体とも言うべき存在であるからである。
    動態的・運動的・有機的・歴史的な具体的存在である、法というものいついての、完結した一つの絶対的かつ普遍的な定義を明確に確定することはそれ自体極めて困難な作業である。
    しかし、法の定義が困難であるからといって、ただちに法の定義の破壊的否定論にはつながらない。
    法は、法文化・制度=機構・法実践の主体の一種の函数関数のなかで歴史的に生成し、発展していく。
    こうした特性を持つ法をどのように定義するかは、定義しようとするものの目的によって、定義の善悪や、適不適がきまるのである。
    このように、法の定義は便宜的なものである。しかしそれは、法の定義に学問的価値がないことを意味しない。
    なぜなら、法に関するある種の総合的概念がなければ、多種多様な法現象に対して学問的な光を投射することができないばかりか、多様な法現象に学的秩序を与えて、法の性質・構造・機能というものを解明することが困難となり、ついには法というものの有機的生物体の全体像とその固有の存在価値を明らかにすることもできなくなるからである。
    法とは社会規範の一種である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法という言葉を概念規定することは非常に困難であり、学問的な定義は多種多様である。
    なぜなら、法は有機的生物体とも言うべき存在であるからである。
    動態的・運動的・有機的・歴史的な具体的存在である、法というものいついての、完結した一つの絶対的かつ普遍的な定義を明確に確定することはそれ自体極めて困難な作業である。
    しかし、法の定義が困難であるからといって、ただちに法の定義の破壊的否定論にはつながらない。
    法は、法文化・制度=機構・法実践の主体の一種の函数関数のなかで歴史的に生成し、発展していく。
    こうした特性を持つ法をどのように定義するかは、定義しようとするものの目的によって、定義の善悪や、適不適がきまるのである。
    このように、法の定義は便宜的なものである。しかしそれは、法の定義に学問的価値がないことを意味しない。
    なぜなら、法に関するある種の総合的概念がなければ、多種多様な法現象に対して学問的な光を投射することができないばかりか、多様な法現象に学的秩序を与えて、法の性質・構造・機能というものを解明することが困難となり、ついには法というものの有機的生物体の全体像とその固有の存在価値を明らかに..

    コメント9件

    fukami 購入
    私には最初法学の専門用語をどのように用いるか解らなかったが、このレポートでわかった気がする。
    2006/05/11 12:47 (10年7ヶ月前)

    airf301 購入
    全体的なまとまり及び流れの構成はいいと思う。しかし、内容詳細を見ると教科書及び参考図書の丸写しが目に付く。とは言うものの参考になり、勉強になったのも事実である。
    2006/06/07 14:36 (10年6ヶ月前)

    nao7058 購入
    参考文献も同じものだったので、わかりやすかったです。
    2006/06/12 7:50 (10年6ヶ月前)

    shigeto 購入
    大変使いやすく簡潔に書かれていてよかったです。
    2006/07/11 15:12 (10年5ヶ月前)

    inter06 購入
    参考になりました。
    2006/10/20 21:22 (10年1ヶ月前)

    dream51 購入
    大変参考になりました。
    2006/10/24 3:39 (10年1ヶ月前)

    yamada11 購入
    参考になりました。一部同文が重なっていましたが、構成上必要ないと思います。
    2006/11/23 20:09 (10年前)

    lisarah2000 購入
    とても読みやすかったです。
    2007/06/02 0:04 (9年6ヶ月前)

    yumekimi 購入
     
    2007/06/19 6:14 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。