[法学] 信教の自由について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,990
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    日本国憲法の自由規定について基本的事柄を説明し、
    特に信教の自由について詳しく論ぜよ。
    自由は、立憲主義の根本的な目的であり、価値であり、国民の自由は国家権力によって不当に制限されることなく保障されるべきである。
    日本国憲法において保障されている自由規定は「精神的自由」「人身の自由」「経済的自由」に分けられる。
    「精神的自由」はさらに、内心の自由と表現の自由に分けられ、内心の自由には思想・良心の自由・信教の自由・学問の自由が上げられる。
    内心の自由は何人にも犯されない権利である。
    表現の自由は内心における思想や信仰を外部に表明し、それに社会的な効用を発揮させるものであり、尊重されるべき権利ではあるが、いくつかの要因により一定の制限を受ける。
    「人身の自由」とは、人の体が肉体的にも精神的にも拘束を受けないことを意味する。
    それは自由の概念の最も基本的な内容であり、それなくしては自由が成立しない。
    個人の尊重にとって根源的な価値を持つものといってよい。
    特に日本は明治憲法下での捜査官権威夜人身の自由の過酷な制限を排除するために、諸外国よりも詳細な規定を定めているのが特徴である。
    「経済的自由」は、社会権と密接な関係を持ち、公共の福祉による制限を受けることから絶対的な権利とはいえないが、「居住、移転及び職業選択の自由」を保障している。
    ここでは、信教の自由について詳しく述べていきたいと思う。
    信教の自由とは、「精神的自由」の中に含まれるものであり、日本国憲法第20条により保障されている権利で、信仰の自由、宗教的行為の自由、宗教的結社の自由に分けられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本国憲法の自由規定について基本的事柄を説明し、
    特に信教の自由について詳しく論ぜよ。
    自由は、立憲主義の根本的な目的であり、価値であり、国民の自由は国家権力によって不当に制限されることなく保障されるべきである。
    日本国憲法において保障されている自由規定は「精神的自由」「人身の自由」「経済的自由」に分けられる。
    「精神的自由」はさらに、内心の自由と表現の自由に分けられ、内心の自由には思想・良心の自由・信教の自由・学問の自由が上げられる。
    内心の自由は何人にも犯されない権利である。
    表現の自由は内心における思想や信仰を外部に表明し、それに社会的な効用を発揮させるものであり、尊重されるべき権利ではあるが、いくつかの要因により一定の制限を受ける。
    「人身の自由」とは、人の体が肉体的にも精神的にも拘束を受けないことを意味する。
    それは自由の概念の最も基本的な内容であり、それなくしては自由が成立しない。
    個人の尊重にとって根源的な価値を持つものといってよい。
    特に日本は明治憲法下での捜査官権威夜人身の自由の過酷な制限を排除するために、諸外国よりも詳細な規定を定めているのが特徴である。
    「経済的自..

    コメント3件

    bayerun 購入
    参考になりました。
    2006/05/24 19:43 (10年6ヶ月前)

    qwerty00 購入
    とても参考になった。
    2006/07/23 12:58 (10年4ヶ月前)

    avantgarde 購入
    大変参考になりました。有難うございます。
    2007/01/30 14:27 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。