脳死に関するレポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,452
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    脳死とは・・・脳幹を含む全能の機能の不可逆的な停止。回復する可能性はなく、自力呼吸ができない状態。
    ※脳の機能が残っていて自分で呼吸ができる「植物状態」とはまったく違う。
    植物状態・・・脳幹の昨日は残在しており、まれに回復する可能性がある。
           脳損傷を受けた後、次に掲げる6項目を満たす状態に陥り、殆ど改善がみられない状態で3ケ月以上経過した場合に認定され得るものである。即ち、それらは、?自力移動不可能、?自力摂食不可能、?屎尿失禁状態、?声は出せても意味のある発語は不可能、?「眼
    を開け」「手を握れ」等の簡単な命令にはかろうじて応じることができるが、それ以上の意思の疎通は不可能な状態、?眼球はかろうじて物を追っても認識は不可能、という6項目
    植物状態は永久に続くのではありません。時が経過して回復してくる場合もあります。
    回復する場合は次の障害を伴う場合が多いです。
    ?完全回復
    ?軽度障害回復(日常生活には殆ど支障はみられないが、何らかの障害を有している)
    ?中程度障害回復(歩行器、松葉杖もしくは杖を持って歩行が可能な状態。中には、相  当な知的障害を残している状態もある) 

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    脳死に関するレポート
     
    脳死とは・・・脳幹を含む全能の機能の不可逆的な停止。回復する可能性はなく、自力呼吸ができない状態。
    ※脳の機能が残っていて自分で呼吸ができる「植物状態」とはまったく違う。
    植物状態・・・脳幹の昨日は残在しており、まれに回復する可能性がある。
           脳損傷を受けた後、次に掲げる6項目を満たす状態に陥り、殆ど改善がみられない状態で3ケ月以上経過した場合に認定され得るものである。即ち、それらは、①自力移動不可能、②自力摂食不可能、③屎尿失禁状態、④声は出せても意味のある発語は不可能、⑤「眼 を開け」「手を握れ」等の簡単な命令にはかろうじて応じることができるが、それ以上の意思の疎通は不可能な状態、⑥眼球はかろうじて物を追っても認識は不可能、という6項目
    植物状態は永久に続くのではありません。時が経過して回復してくる場合もあります。
    回復する場合は次の障害を伴う場合が多いです。
    ①完全回復
    ②軽度障害回復(日常生活には殆ど支障はみられないが、何らかの障害を有している)
    ③中程度障害回復(歩行器、松葉杖もしくは杖を持って歩行が可能な状態。中には、相  当な知的障害..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。