介護保険と社会的入院の関係

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,526
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.介護保険について
    1)背景
    介護保険制度は、高齢者介護の問題が深刻化してきた中で、高齢者が介護を必要とする状態になっても、自立した生活を送り、人生の最期まで人間としての尊厳を全うできるよう、高齢者介護を社会的に支える仕組みとして創設されたものである。
    今までは特別養護老人ホームが足りないということで老人病院に長いこと入院する「社会的入院」が広がりつつあり、その費用は医療保険によって賄われてきた。しかし介護保険の創設によって、介護にかかる部分を医療保険から切り離し「社会的入院」解消のための条件整備を図ることができ、それが医療保険制度の抜本改革の前提にもなると考えられている。

    2)介護保険制度の目的
     ■介護を社会全体で支える仕組みの創設
     ■社会保険方式で給付と負担を明確化
     ■保健・福祉・医療にわたる介護サービスの総合的・一体的な提供
     ■社会的入院の解消

    3)医療保険の給付との関係
     介護を必要とする方⇒・日常生活動作について介助を必要とする。
    ・ 機能の維持、回復を図ることが必要。
    ・ 介護保険では、かかりつけ医による医学的管理や訪問看護、リハビリテーションなどの一定の医療サービスも対象としている。
    介護保険が適用⇒療養型病床群、老人保健施設など一定の医療を提供する施設。
    介護を必要とされる人でも、病状が悪化したり新たな病気にかかった場合など、医療保険にも加人しているため、一般の医療機関において外来、入院いずれの医療も受けられ、医療保険から給付が行われる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    介護保険と社会的入院の関係~医療と介護の分離を通じて~
    1.介護保険について
    1)背景 介護保険制度は、高齢者介護の問題が深刻化してきた中で、高齢者が介護を必要とする状態になっても、自立した生活を送り、人生の最期まで人間としての尊厳を全うできるよう、高齢者介護を社会的に支える仕組みとして創設されたものである。
    今までは特別養護老人ホームが足りないということで老人病院に長いこと入院する「社会的入院」が広がりつつあり、その費用は医療保険によって賄われてきた。しかし介護保険の創設によって、介護にかかる部分を医療保険から切り離し「社会的入院」解消のための条件整備を図ることができ、それが医療保険制度の抜本改革の前提にもなると考えられている。
    2)介護保険制度の目的  ■介護を社会全体で支える仕組みの創設  ■社会保険方式で給付と負担を明確化  ■保健・福祉・医療にわたる介護サービスの総合的・一体的な提供  ■社会的入院の解消
    3)医療保険の給付との関係
     介護を必要とする方⇒・日常生活動作について介助を必要とする。
    機能の維持、回復を図ることが必要。
    介護保険では、かかりつけ医による医学的管..

    コメント1件

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/09/28 3:48 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。