医療福祉関係施設の現状と医療福祉の課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,036
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.公的医療費抑制と医療機関機能分化
    高齢化社会の到来により、老人医療費を中心に日本の国民医療費は年々増加。
    国民所得に占める割合も増加=医療費の公費支出は国家財政ひっぱく逼迫の一因。
    マンパワーや医療設備などの資源を合理的に配分し、
    医療費の無駄使いを防ぐ目的⇒機能によって医療施設の種類を分化させる政策が進行。
    <結果>患者側⇒継続している一つの疾病であっても、病状・病態の変化に伴って受療する医療施設を変えなくてならなくなった。
    自宅へも戻らず、施設へ入所することもできないために入院を続ける「社会的入院」
    ⇒無駄な医療費支出の大きな要因

    対策;入院が長期になる場合、入院料にていげん逓減制。
    入院数が短い場合、入院料に加算を設け、報酬を増加。
    入院日数が180日以上の場合、患者の自己負担額を増加させる仕組み。

    施設基準、人員配置基準、患者の平均在院日数の基準等をクリアする事の出来ない医療施設は、病棟や病床数を削除又は廃業せざるを得ない。
    ・医療施設がとうた淘汰される
    ○質の高い医療を提供する体制を整える。
    ○医療サービスの供給源が縮小する事で、医療費の抑制にもつながる。
    2.医療ソーシャルワーカー業務への影響
     <医療ソーシャルワーカーの業務>
    退院・退所する患者への在宅ケア諸サービスの活用援助、転院のための医療機関、退院・退所後の社会福祉施設等の選定の援助など。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医療福祉関係施設の現状と医療福祉の課題
    公的医療費抑制と医療機関機能分化
    高齢化社会の到来により、老人医療費を中心に日本の国民医療費は年々増加。
    国民所得に占める割合も増加=医療費の公費支出は国家財政 の一因。
    マンパワーや医療設備などの資源を合理的に配分し、
    医療費の無駄使いを防ぐ目的⇒機能によって医療施設の種類を分化させる政策が進行。
    <結果>患者側⇒継続している一つの疾病であっても、病状・病態の変化に伴って受療する医療施設を変えなくてならなくなった。
    自宅へも戻らず、施設へ入所することもできないために入院を続ける「社会的入院」
    ⇒無駄な医療費支出の大きな要因
    対策;入院が長期になる場合、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。