地域福祉における住民の主体形成の必要性、主体形成の方策について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数7,332
ダウンロード数53
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    (?)住民の主体形成の必要性
     地域福祉とは、自立生活が困難な個人や家族が地域において自立することであり、必要な物理的・精神的環境醸成を図るため?社会資源の活用?社会福祉制度の確立?福祉教育の展開など総合的に行う活動が必要であるとされている。
    主体性の原理では、個人は多数の社会関係に規定されながらも、なおそれらの社会関係を統合(選択、変革)する主体者であるとされている。つまり、生活主体者が社会人としての責任主体者であることを示していると共に住民は、自らの生活や人生を想像していく主体である。
     核家族や社会の縮小化となってきている現代では、住民相互の連帯感が弱体化してきている。そのため、昔は老人の介護の世話においても、拡大家族なため人手に困ることもなくまた、ご近所同士の助け合いがなりたってきていたのが、現代ではそのような関係が期待できない背景がある。そのようなことから、生活問題を個人・個別的に抱え込んでしまうことなどがおきている。そのため、福祉サービスを利用する当事者やその家族が参加する事など住民が主体となって動くことによって、彼らのニーズを明らかにすることができる。また、地域福祉におけるコミュティケアでは、制度的な生活保障も必要であるが地域住民の実践によりインフォーマルな保障も必要であると思われ、その中で住民にはインフォーマルな保障を使いこなす力が求められる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地域福祉論レポート課題
    -地域福祉における住民の主体形成の必要性と主体形成の方策について-
    (Ⅰ)住民の主体形成の必要性
     地域福祉とは、自立生活が困難な個人や家族が地域において自立することであり、必要な物理的・精神的環境醸成を図るため①社会資源の活用②社会福祉制度の確立③福祉教育の展開など総合的に行う活動が必要であるとされている。
    主体性の原理では、個人は多数の社会関係に規定されながらも、なおそれらの社会関係を統合(選択、変革)する主体者であるとされている。つまり、生活主体者が社会人としての責任主体者であることを示していると共に住民は、自らの生活や人生を想像していく主体である。
     核家族や社会の縮小化となってきている現代では、住民相互の連帯感が弱体化してきている。そのため、昔は老人の介護の世話においても、拡大家族なため人手に困ることもなくまた、ご近所同士の助け合いがなりたってきていたのが、現代ではそのような関係が期待できない背景がある。そのようなことから、生活問題を個人・個別的に抱え込んでしまうことなどがおきている。そのため、福祉サービスを利用する当事者やその家族が参加する事など住民..

    コメント2件

    harton 購入
    参考になりました。
    2006/11/17 23:20 (10年1ヶ月前)

    tomohito1211 購入
    よかったです。
    2007/07/15 11:49 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。