これからの介護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,068
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1、介護予防について
    介護予防とは、寝たきりをふせぐことである。軽い病気などで運動しずにいると、生活が活発でなくなりだし他の病気も引き出す原因にもなる。そして寝たきりとなっていき体力低下して動かなくなっていく。このため寝たきりを予防しなければならない。
    しかし、日本の考え方では介護予防どころではない。もっと活発的に介護予防にとりくむべきである。介護者ももっと意識改革すべきだと思う。すべてをヘルパーや家族などにお願いしますと頼ってばっかではただお世話してもらっているだけであって、介護予防とはなっていない。ただ介護してもらうのではなく自立へ向けての自分で一歩一歩進んでできるところからやっていくべきであると思う。なにもかも人任せでやっていくのはただの怪我が治るまでの介護であって怪我が治っても寝たきりに戻ってしまうと思う。介護する家族も、介護者の怪我が長期にわたるときでもそっとしておいて何も手を出さないのではなく、何かしら自立を助けるような行動をとるべきである。ヘルパーなど来ていない時間などで介護者が助けをよんだときでも、そばにつきながら自分でできることは自分でさせるようにするべきである。また、日本人は布団で寝てすごしているがベットにかえてすごしたほうがいいと思う。ベットにかえたらベットで寝ていて腰をかけてり体をおこしたり軽いリハビリなどなどできると思う。車椅子への移乗でも残存機能を活用して移乗させるだけでも少し体力使うことになるのでいいと思うし、外へのお散歩もいい気晴らしになって早く元に戻りたいと介護者の意識をあげることにもなると思う。病院などに通院しながらリハビリもして早期回復を目指していどむべきでもある。社会へ復帰したいと思わせるのもまた介護予防のひとつでもあると感じた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    介 護 概 論
    ~これからの介護~
    1、介護予防について
    介護予防とは、寝たきりをふせぐことである。軽い病気などで運動しずにいると、生活が活発でなくなりだし他の病気も引き出す原因にもなる。そして寝たきりとなっていき体力低下して動かなくなっていく。このため寝たきりを予防しなければならない。
    しかし、日本の考え方では介護予防どころではない。もっと活発的に介護予防にとりくむべきである。介護者ももっと意識改革すべきだと思う。すべてをヘルパーや家族などにお願いしますと頼ってばっかではただお世話してもらっているだけであって、介護予防とはなっていない。ただ介護してもらうのではなく自立へ向けての自分で一歩一歩進んでできるところからやっていくべきであると思う。なにもかも人任せでやっていくのはただの怪我が治るまでの介護であって怪我が治っても寝たきりに戻ってしまうと思う。介護する家族も、介護者の怪我が長期にわたるときでもそっとしておいて何も手を出さないのではなく、何かしら自立を助けるような行動をとるべきである。ヘルパーなど来ていない時間などで介護者が助けをよんだときでも、そばにつきながら自分でできることは自..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。