ソーシャルワーカーに必要だと思うこと

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,152
ダウンロード数41
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ソーシャルワーカーとは、ただの支援者では終わらない。ワーカーは、社会や地域の中で孤立してしまった人達の問題や悩みに耳を傾けて傾聴し、一緒になって問題原因を探りその人にあった問題解決方法を見つけ出す専門的援助者である。専門職の価値と倫理、専門的な知識、専門的な技術がワーカーの活動の重要要素とされている。
    社会福祉サービスの利用者がとる一つ一つの行動には、何かしらその人なりの背景や理由などがあり行動自体に何か意味を持たせているのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ―ソーシャルワーカーに必要だと思うこと―
    ソーシャルワーカーとは、ただの支援者では終わらない。ワーカーは、社会や地域の中で孤立してしまった人達の問題や悩みに耳を傾けて傾聴し、一緒になって問題原因を探りその人にあった問題解決方法を見つけ出す専門的援助者である。専門職の価値と倫理、専門的な知識、専門的な技術がワーカーの活動の重要要素とされている。
    社会福祉サービスの利用者がとる一つ一つの行動には、何かしらその人なりの背景や理由などがあり行動自体に何か意味を持たせているのである。その行動を否定するのではなく、その人の背景にある問題に目を向けて利用者を理解することも大切である。認知症の方の症状においても、徘徊や帰宅願望といった行動は昔の生活習慣から起因するものもあるとされている。そのような場合こそ、利用者の背景・生活暦を事前に把握する事により利用者理解をすることが出来ると共に、その人に合った対応が行えるのである。このようなことから、個別化の原理が必要であるという事が分かる。個別化の原理において、人それぞれは個性があるという捉え方が大切であるとされている。一人ひとりの価値観や生活暦は異なっている..

    コメント1件

    yoshinori 購入
    参考にします
    2006/11/03 14:47 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。