教育福祉の問題状況と福祉教育実践・研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数460
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教科書において、最近の学校教育における問題について問われている中で、学校病理現象が広がっている事が指摘されている。この背景には、家庭教育の低下、家庭での教育のやりすぎなどがあるのではないかと思う。家庭教育の低下つまり、教育不足であり、教育のやりすぎとは、受験など家庭でやるべき事ではない事を行っていることだと考える。そうなると、家庭の遅れを、学校が補うことになり、学校教育の低下がなどが生じてくるのではないかと感じる。学校崩壊とは、家庭教育が不十分なため、学校でカバーできなくなった状態を言うのではないかと思う。家庭でのしつけなどがしっかり行われる事により、学校での生活にも支障が出なくなるのではないだろうか。また、学校教育で行うことを家庭で行われていると学校の役割がなくなってくると感じるし、そのことが生じると学校のスリム化が起きるのではないかと思った。またこれが学校教育で問題になってくるのではないだろうか。学校のスリム化とは、家庭で受験勉強など学校教育以上の勉強を行う人たちがいるけれども、学校教育だけで十分の人たちもおり、この両者がつりあうのは難しいと思う。片方にあわせるとならば、片方はついていけない、もしくわ、もう既に勉強した事なので学校へ来るまででもないという状態ではないかと考える。このような学校教育が、社会生活上の困難や問題を抱える子供の教育・学習権保障に関わる問題と教科書にて述べられている。学習権とは、差別を防ぐためのものであるとされており、教育がきちんとなされなければ、社会に問題が増える。つまり、教育&学習が足りないとそうなってしまうと思われる。学習権は「基本的権利の一つ」だと思う。社会生活上の困難や問題を抱える子供に対する教育について、障害児の就学や一般学校での修学などの保障が中々されていない事があるのではないかと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育福祉の問題状況と福祉教育実践・研究
    教科書において、最近の学校教育における問題について問われている中で、学校病理現象が広がっている事が指摘されている。この背景には、家庭教育の低下、家庭での教育のやりすぎなどがあるのではないかと思う。家庭教育の低下つまり、教育不足であり、教育のやりすぎとは、受験など家庭でやるべき事ではない事を行っていることだと考える。そうなると、家庭の遅れを、学校が補うことになり、学校教育の低下がなどが生じてくるのではないかと感じる。学校崩壊とは、家庭教育が不十分なため、学校でカバーできなくなった状態を言うのではないかと思う。家庭でのしつけなどがしっかり行われる事により、学校での生活にも支障が出なくなるのではないだろうか。また、学校教育で行うことを家庭で行われていると学校の役割がなくなってくると感じるし、そのことが生じると学校のスリム化が起きるのではないかと思った。またこれが学校教育で問題になってくるのではないだろうか。学校のスリム化とは、家庭で受験勉強など学校教育以上の勉強を行う人たちがいるけれども、学校教育だけで十分の人たちもおり、この両者がつりあうのは難しいと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。