減価償却の方法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,061
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     減価償却は、原価を個別の期間に割り当て、配分する方法である。企業内部で長期間保有、使用される有形固定資産のほとんどは、収益獲得活動に貢献しながらも、時の経過、使用によって価値や機能が減少していく。費用配分の原則にしたがって取得原価を一定の償却方法により資産が使用される各期間に配分するのである。そしてその分け方が減価償却の方法である。

     減価償却には様々な方法があるが、基本的には?取得原価?残存価格?耐用年数の3点の計算要素が必要であり、期間または生産高に基づき決定する。期間を基準とする方法は(1)定額法(2)定率法(3)級数法(4)償却基金法などがあり、生産高を基準にする方法には(5)生産高比例法がある。計算要素、計算方法は以下のようなものである。

    ◇減価償却の計算要素
    ?取得減価(cost) 減価償却の基礎、資産の購入価格だけでなく、買い入れ手数料や運送費といった副費も含める。
    ?残存価格(salvage value) 固定資産が使用できなくなった時点での売却価格もしくは利用価格。取得原価から残存価格を差し引いた価格が当該固定資産の減価償却総額となる。
    ?耐用年数(service life) 固定資産の使用可能年数。固定資産の物質的減価を基礎として使用可能年数が見積もられ、次に機能的原価を予測して使用可能機関に修正を加える事で見積もられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    減価償却の方法について
     減価償却は、原価を個別の期間に割り当て、配分する方法である。企業内部で長期間保有、使用される有形固定資産のほとんどは、収益獲得活動に貢献しながらも、時の経過、使用によって価値や機能が減少していく。費用配分の原則にしたがって取得原価を一定の償却方法により資産が使用される各期間に配分するのである。そしてその分け方が減価償却の方法である。
     減価償却には様々な方法があるが、基本的には①取得原価②残存価格③耐用年数の3点の計算要素が必要であり、期間または生産高に基づき決定する。期間を基準とする方法は(1)定額法(2)定率法(3)級数法(4)償却基金法などがあり、生産高を基準にする方法には(5)生産高比例法がある。計算要素、計算方法は以下のようなものである。
    減価償却の計算要素
    取得減価(cost) 減価償却の基礎、資産の購入価格だけでなく、買い入れ手数料や運送費といった副費も含める。
    残存価格(salvage value) 固定資産が使用できなくなった時点での売却価格もしくは利用価格。取得原価から残存価格を差し引いた価格が当該固定資産の減価償却総額となる。
    耐用年数(..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。