ケースカンファレンスの教育機能について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数3,337
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ケースカンファレンスとは、利用者への援助過程において、適切な援助目標や援助計画に基づいて援助を実施するために、援助に関連する者が集まり、検討する会議のことである。現場においては、サービス担当者会議がその役割をなすことが多い。
    カンファレンスの教育機能としては、以下の8点があげられる。?事例を深める、事例提供者と参加者との共同作業によって本人が問題解決の主体である、という観点から事例に接近すること。これは事例への解釈力というソーシャルワーク実践の基礎力を培うものである

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ケースカンファレンスとは、利用者への援助過程において、適切な援助目標や援助計画に基づいて援助を実施するために、援助に関連する者が集まり、検討する会議のことである。現場においては、サービス担当者会議がその役割をなすことが多い。
    カンファレンスの教育機能としては、以下の8点があげられる。①事例を深める、事例提供者と参加者との共同作業によって本人が問題解決の主体である、という観点から事例に接近すること。これは事例への解釈力というソーシャルワーク実践の基礎力を培うものである。②実践を追体験する、事例提供者の立場から実践の追体験が出来るとともに、自分以外の人の実践を知ることで自分の実践と照らし合わせることが出来る。③援助を向上させる、事例研究の最終的な目標は、研究対象として事例に対する援助の質を向上させることにある。④援助の原則を導き出す、ソーシャルワークに共する援助の原則を導き出し、別の事例への応用を可能にする。⑤実践を評価する、援助のプロセスを評価の対象とする。質的評価を積み重ねることで量的評価だけには拘泥しない新たな評価の基準が作成できることになる。⑥連携のための援助観や援助方針を形成する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。