社会福祉援助活動における「記録」の意義と機能について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数5,451
ダウンロード数87
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉の専門職としてソーシャルワーカーが収得すべき「記録」の技法は、面接技法と並んで重要視されてきた技法のひとつといえよう。
     以下では、社会福祉援助技術における「記録」の意義について述べていきたい。
     多忙な現場において、日々の活動や目前の課題解決に追われ、「記録」作成の時間・労力をつくり出すことは、時には困難極まることもある。記録作成の苦手な援助者もいる。それでも記録は作成しなければならないとするならば、「記録」の意義(記録の必要性、重要性、作成の目的、手段など)を十分に理解・納得することが必要である。
     簡単にいえば、「記録」は専門社会福祉援助活動の一部として位置づけられる。ここでいう専門社会福祉援助活動は、福祉倫理・専門知識・専門援助技術によって行われる専門的実践活動を意味する。このような専門性をもつということは、利用者に対して、一定の水準以上の援助活動(専門的処遇、よい処遇)を行う職業であり、その記録が業務の一部であることは当然のことと言える。
     「記録」とは、?専門的行為の証拠?専門職として社会的責任を示したという証拠?専門職に対する社会的対価の証拠

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉の専門職としてソーシャルワーカーが収得すべき「記録」の技法は、面接技法と並んで重要視されてきた技法のひとつといえよう。
     以下では、社会福祉援助技術における「記録」の意義について述べていきたい。
     多忙な現場において、日々の活動や目前の課題解決に追われ、「記録」作成の時間・労力をつくり出すことは、時には困難極まることもある。記録作成の苦手な援助者もいる。それでも記録は作成しなければならないとするならば、「記録」の意義(記録の必要性、重要性、作成の目的、手段など)を十分に理解・納得することが必要である。
     簡単にいえば、「記録」は専門社会福祉援助活動の一部として位置づけられる。ここでいう専門社会福祉援助活動は、福祉倫理・専門知識・専門援助技術によって行われる専門的実践活動を意味する。このような専門性をもつということは、利用者に対して、一定の水準以上の援助活動(専門的処遇、よい処遇)を行う職業であり、その記録が業務の一部であることは当然のことと言える。
     「記録」とは、①専門的行為の証拠②専門職として社会的責任を示したという証拠③専門職に対する社会的対価の証拠④専門職と関係者とのコ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。